海外旅行・国内旅行の輪 「シャングリ・ラ ホテル 東京」開業 1泊最高100万円

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャングリ・ラ ホテル 東京」開業 1泊最高100万円

香港に拠点を置き、1971年にシンガポールで第1号となるホテルを開業。アジア太平洋地域の主要都市を中心にリゾートホテルを展開するシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ。今や北米、中東、アジア太平洋地域に60のホテルを保有、28,000以上の総客室数を誇る。そんな同グループの61番目のホテルがようやく日本にやってきた!

シャングリ・ラ ホテル 東京は東京駅に隣接する丸の内トラストタワー本館の高層部分27階~37階を占める。西側は丸の内、東側は東京湾を眺望できる好立地だ。総客室は202(うちスイートルームが6)。通常の客室サイズとなるデラックスルームが50平米とやはり広い。そのほかプレミアルームが68平米、6つのスイートルームが120平米~269平米となっている。料金は眺望できる景色によって5,000円の差が生じ、大人2名1室利用時の1名料金でデラックスルーム(丸の内側眺望)が7万円~、デラックス ベイビュー(東京湾側眺望)が7万5,000円~となる。最高額は「プレジデンシャルスイート」(269平米)の100万円だ。

開業に先立って行われた記者会見・内覧会で、シャングリ・ラ ホテル 東京 総支配人のウルフガング・クルーガー氏は「シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツが日本市場に参入するまでは長い道のり。その長かった旅が3月2日に終了することを大変うれしく思っています。私達の施設とホスピタリティをぜひご堪能ください」と挨拶。東京に続く日本での展開を尋ねると、「私達が考えているのは東京のみ。まずは東京での成功を考えています。東京以外の場所の開業は適切なタイミングがあれば前向きに考えていきたい」(同)。

この不況下における開業に関しては、「私達は経済状況に関わらず、常に我々のホテルの運営を経済効率のいいものにしようと努めております。また日本に対する我々のコミットメントは非常に長期的。長期な視点を持って、ホテルの経営を考えており、その中で成功を収めるられると確信しております」と述べた。

「シャングリ・ラは『人を思いやる心から』という理念から、5つの原則があります。その5つとは『人を尊重する気持ち』『礼儀正しさ』『誠実さ』『親切さ』『謙虚さ』です。この5つの価値観はとくに東京のようなホスピタリティが重要視されているところには重要になってくると思います。ホテルの設備面では、非常に繊細で日本に合わせたデザインを施し、日本で創業することに敬意を示しています」(同)。

【客室】
「現在の予約状況は非公表ですが、『思ったよりはよかった』というのが正直な感想です。経済状況から価格を下げるということはせず、連泊や一定期間より前にご予約の際に特典をつけるといったサービスを行っていきたい」(同セールス&マーケティング部長 スタンリー・タン氏)。

【レストラン】
同ホテルにはイタリア料理レストラン「ピャチェーレ」(28階)、日本料理レストラン「なだ万」(29階)がある。「ピャチェーレ」はミシュラン星付きの有名レストランで働いていたシェフたちがクリエイティブな料理を提供する。朝食は和、オリエンタル、ヨーロピアン、アメリカンの4種類を用意している。一方、「なだ万」は、料理長には「アイランド・シャングリ・ラ香港」の「なだ万」で腕を振るっていたこともある吉田武彦氏が任命されている。またレストランではないが、28階のラウンジ「ザ ロビーラウンジ」では軽い飲食が可能だ。軽食ではマレージア人シェフによるマレーシア料理やアジアンメニューを楽しむことができる。

【スパ】
スパはシャングリ・ラ オリジナルブランドのCHI「氣」スパ(29階)が入り、今回が日本初進出。中国やヒマラヤの"癒し"の哲学に基き、心と身体のバランスを整える施術メニューを提供する。スパ施設内の装飾品やトリートメントに使用する"塩"は、ヒマラヤから取り寄せたものだそう。シャングリ・ラ ホテル 東京限定の施術メニューが用意されており、今後、季節限定のメニューも展開する予定だ。

【その他施設】
「シャンデリアはシャングリ・ラのDNA」というように、同ホテルのシャンデリアも必見。チェコ製のハンドメイドのクリスタルガラスを使用したシェンデリアは全部で50以上、そのうち20燈は同ホテルのために特別にデザインされたものだ。また"東京"へのオマージュとして、東京都のシンボルの銀杏の葉をモチーフにしたものが全1,000ピース以上あり、ロビーラウンジのシャンデリアをはじめ、各シャンデリアに使用されている。
同ホテルの壁には2,000作品以上のアートワークが展示されている。全体のコンセプトは中国・唐時代の詩人、白居易の作品「琵琶行」にインスピレーションを得たものでまとめられているそうだ。アート作品を見るために館内を散策しても楽しめるだろう。

このほか、「ゴールデンサークル」会員が利用できるエグゼクティブ専用ラウンジ「ホライゾンクラブ ラウンジ」(37階)や、ミーティングルーム(27階)などビジネス利用向けの施設も用意されているが、同ホテル内は、随所に"高級感"が漂い、全てに「シャングリ・ラ ホテル 東京」の"戦略"が感じられた。この不況の中、「シャングリ・ラ ホテル 東京」日本顧客、外国人顧客をどれくらい吸い上げることができるのか。また、日本の高級ホテル市場にさらなる一石を投じることになるのか。今後に注目が高まる。

シャングリ・ラホテル東京 ホームページ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ



スポンサーサイト

テーマ : 高級ホテル
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
FC2ブログへようこそ!

Basic Calendar
<07 | 2017/08 | 09>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。