海外旅行・国内旅行の輪 オーストリア ハイドン・イアー(没後200周年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリア ハイドン・イアー(没後200周年)

音楽・クラッシックを知らない人も、小学校で「ハイドン」の音楽は一度は聴いたことがあるはず絵文字名を入力してください

今年ウイーンを訪れる人は、ハイドン・イアー2009開催されています絵文字名を入力してください

古典派を代表する作曲家ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809年)の没後200年に当たる「ハイドン・イヤー」が、故郷オーストリアで幕を開けた。国内各地でコンサートや展覧会など多くの記念イベントが年間を通じて企画されており、音楽の都はハイドン一色に染まりそうだ。


ハイドンイアー2009

【ハイドンとは】
「天地創造」「四季」などの壮麗なオラトリオを作曲し、弦楽四重奏曲やピアノソナタの「発明者」と評価されたヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)。当時の最も著名な作曲家であったハイドンは、少年時代ウィーンで聖歌隊のメンバーを務めると同時に音楽理論を学んだ。
【ハイドン・イアー2009】
ハイドンの没後200周年に当たる2009年、ウィーンでは様々な記念イベントが開催される。そのプレリュードとして、現在オーストリア国立図書館ではハイドンの「皇帝讃歌」を紹介した展覧会が開催されている。

ウィーン郊外区のクライネ・シュタインガッセ73番地にあった家を、ハイドンが購入したのは1793年のこと。ハイドンは、晩年をここで過ごし、多くの大作を残している。
この家は博物館として公開されているが、2009年1月28日に新装オープンされる。また、没後200周年に当たる2009年5月31日を中心に3日間開催されるフェスティバルでは、当時の様子を再現した庭園も紹介される。

2009年1月には、ウィーンのハイドン・イベントが多数予定されている。その中の一つが、美術史博物館で1月25日に開催される「古楽器コレクション」のマチネーだ。プログラムを飾るのはハイドンの歌曲。伴奏は1800年頃に制作されたハンマーフリューゲルで行われ、当時の人々が耳にした歴史的な音響が現代に蘇る。


?展覧会「皇帝讃歌」
“Gott erhalte…”
開催日 2009年2月1日まで
会場 オーストリア国立図書館
www.onb.ac.at


?ハイドン・ハウス(2009年1月28日新装オープン)
Haydnhaus
開館時間 水、木 10:00~13:00、14:00~18:00
      金~日 10:00~13:00
休館日 月曜、火曜、主な祝日
入館料 大人 ? 2.00
     学生 ? 1.00
住所 Haydngasse 19, 1060 Wien
URL1 www.onb.ac.at
URL2 www.wienmuseum.at
問い合わせ先 Tel:+43-1-5961307 Fax:+43-1-5058747-7201

?古楽器コレクション
Sammlung Alter Musikinstrumente
開催日 2009年1月25日
会場 ホーフブルク王宮
URL1 www.khm.at
URL2 www.haydn2009.net


ハイドン関連のツアーは下記をクリックして下さい
JTB 美しき中央ヨーロッパ4カ国愁遊(しゅうゆう)8日間

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
FC2ブログへようこそ!

Basic Calendar
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。