海外旅行・国内旅行の輪 ペルー/カラル遺跡が世界遺産に認定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー/カラル遺跡が世界遺産に認定

2009年6月下旬、スペインのセビリヤにて開催されました「第33回 世界遺産大会」にて、ペルーの「カラル遺跡」新たにユネスコ世界遺産に登録されました。
この「カラル遺跡」ですが、場所は?、見所は? と余り知られていない様なので、今回この「カラル遺跡」(CARAL)について、簡単にご説明いたします。

■カラル遺跡
俗に「ラテンアメリカ最古の町」とも呼ばれており、626ヘクタールの広さの土地に円形ピラミッドや住宅跡などがあります。
これらの遺跡は約4,600年前のものと推定されていることから、南北アメリカ大陸最古の遺跡群といわれています。
4,600年前と言えば、エジプトに統一国家が誕生した頃と時を同じくし、世界文明で知られるメソポタミア、エジプトと同時期の貴重な文明跡になります。

全部で32ある城壁と階段状のピラミット群は必見で、大きいものは約20mもの高さを誇ります。

ユネスコは「カラル遺跡」の保存状況と当時の宗教文化を高く評価し、今回、世界遺産に登録しました。
尚、この遺跡の発見は1905年ですが、概要が明らかになったのはここ15年ほどの間です。謎をまだ多く残すこの遺跡は、現在大変注目を浴びている遺跡の一つです。
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
FC2ブログへようこそ!

Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。