海外旅行・国内旅行の輪 中国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「龍馬伝」広島県福山市もゆかりの地です

 幕末の志士、坂本龍馬の生涯を福山雅治さんが演じるNHK大河ドラマ「龍馬伝」が3日から始まるのを前に、広島県福山市内のホテルや図書館などが龍馬にちなんだ様々なイベントを企画している。

 同市鞆町は、龍馬率いる海援隊の船「いろは丸」が紀州藩の軍艦と衝突、沈没し、龍馬が滞在したゆかりの地だけに、今年は福山さんの人気と共に、市民の龍馬熱も高まりそうだ。

 同市三之丸町の福山ニューキャッスルホテル地下1階の和食堂「鞆の浦」は、龍馬ゆかりの地をテーマに食材や調理法を工夫した「龍馬膳(ぜん)」を5日から、午前11時30分~午後2時に提供する。

 龍馬の故郷、高知産の旬のハガツオのお造りや、いろは丸事件の舞台、鞆の浦産の鯛(たい)、タコ、ママカリの握りずしなど7品で、料金は3000円。

 同ホテルは「鞆の浦観光の合間に、食事でも龍馬を身近に感じて下さい」と呼び掛けている。問い合わせは同ホテル(084・922・2121)へ。

 同市新市町の市新市図書館は、17日午後2~3時、「坂本龍馬を知るための『土佐弁カルタ』大会」を開く。土佐弁で札を読むカルタで遊びながら、龍馬を身近に感じてもらう企画。定員20人で、4日10時から申し込みを受け付ける。問い合わせは新市図書館(0847・52・5551)へ。

 同市鞆町の国民宿舎「仙酔島」は9日から11月30日まで、「龍馬といろは丸展」を開催。アニメ「龍馬といろは丸」(約30分)上映や、龍馬のホログラム映像の展示などで、9日から運航を開始する市営渡船「平成いろは丸」で仙酔島に渡る。問い合わせは福山観光キャンペーン実行委員会(084・928・1043)へ。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
スポンサーサイト

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

防予汽船 民事再生法適用

10月1日に山口地裁へ民事再生法の適用を申請した防予汽船(株)(資本金1億5000万円、広島県広島市南区宇品海岸1-11-23、登記面=山口県柳井市柳井134-6、代表峯昭輝氏ほか1名、従業員72名)の負債額が判明した。

 当社発表による負債は、約97億円。

 当社は、1959年(昭和34年)10月に設立。「おれんじぐれいす」「おれんじまーきゅりー」「おれんじじゅぴたー」など旅客フェリー3隻を所有し、山口県柳井市の柳井港と愛媛県松山市の三津浜港を結ぶ定期フェリー航路を運航するほか、子会社の(株)ホテル椿館(愛媛県松山市)、(株)大観荘(山口県周防大島町)などへ不動産を賃貸。定期航路は1路線しかないものの、瀬戸内海汽船(株)から51%強の出資を受けるなど瀬戸内海汽船グループの1社として高い知名度を有し、2002年12月期には年収入高約26億6700万円を計上していた。

 しかし、輸送量の伸び悩みで近年の収入は減少推移を余儀なくされ、2007年12月期の年収入高は約20億4400万円まで減少。フェリー建造資金やホテルへの投資が負担となっていたうえ、原油価格高騰による燃料高の影響も重なり収益性は低下していた。

 こうしたなか、グループ合理化のため、2008年12月に子会社の(株)防予旅行サービスを吸収合併(後に旅行事業は休止)したのに続き、2009年4月には当社の完全親会社となる持ち株会社防予ホールディングス(株)を設立。また近時においても、(株)ホテル椿館、(株)大観荘へ関連事業を分割譲渡していたが、景気対策として導入された高速道路料金割引の煽りを受けて業績が急速に悪化し、財政状態の立て直しが困難となったことから今回の措置となった。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

ベイサイドスクエア皆生ホテル 7月17日オープン

 山陰地方を代表する温泉街の一つ、皆生温泉(鳥取県米子市)で、新たなまちづくりの取り組みが動き始めた。食事を省いた宿泊・入浴特化型のホテルが17日に開業するほか、市も隣接する公園に足湯施設の整備を計画。宿泊施設が客を囲い込まず、飲食や買い物、地域住民との交流などを通じて「歩いて楽しい」旅館街に変えることで集客増を目指す。

 まちづくり構想は皆生温泉旅館組合と米子市などで昨年5月に設立した「皆生市場まちづくり委員会」(柴野憲史委員長)がまとめた。17日に営業を始める「ベイサイドスクエア 皆生ホテル」は構想の中核施設で、海を望む露天風呂など温浴施設の入浴と宿泊に特化した。

 全80室で、うち7室は小型犬などのペットと一緒に宿泊可能。客室基本料金は2人利用のツインの場合で1万5750円から3万3600円。温浴施設はサウナなども備え、利用料700円で日帰り入浴もできる。宿泊と食事を組み合わせる方式を採らず、食事を提供しない。ただ、テナントとして、そば・海鮮料理店や居酒屋などが入居する。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 国内ホテル旅館情報
ジャンル : 旅行

「秋芳プラザホテル」 廃業へ

一酸化炭素中毒事故を起こした山口県美祢(みね)市の山口秋芳プラザホテル(安方和馬社長)は9日、山口県宇部環境保健所に旅館業法に基づく旅館業と、食品衛生法に基づく飲食業の廃止届を提出して受理され、廃業が決まった。

安方社長は事故後の3日に行った記者会見で、「社会的責任を取るために無期限休館とする。廃業も検討している」と述べていた。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 国内ホテル旅館情報
ジャンル : 旅行

秋芳洞100周年 ライトアップイベント 

国の特別天然記念物である秋芳洞が今年で開洞100周年を迎える。山口県美祢市は開洞100周年記念事業の一環として、秋芳洞のライトアップイベント「光響ファンタジー・水と大地の神秘」を開催する。開催期間は7月25日~8月2日、開催時間は8:30~17:00(入洞は16:30まで)。観覧料は大人・高校生が1,200円、中学生が950円、小学生600円。

秋芳洞は今からおよそ650年前の南北朝時代に発見された鍾乳洞で、その規模は日本で最大級の鍾乳洞となる。アクセスは新山口駅からバスで約40分で、入洞者数は年間60~70万人に達する。

今回のライトアップイベントは開洞100周年記念事業のなかでもメイン事業となり、秋芳洞を光と音で演出し、幻想的な空間を作り出すというもの。同イベントの照明を担当した照明デザイナーの石井幹子氏は「洞内7カ所にそれぞれテーマと光を設定し、秋芳洞の自然の造形を浮き立たせました。年齢、性別、国籍に問わず、受け入れられ、感動するものを追求しました」と秋芳洞の"魅力"を引き出した演出を説明。また、「入洞者の安全を考えるのももちろんですが、鍾乳洞を傷めないように紫外線をカットしたり、鍾乳洞内の湿度100%という環境下でも使用できる器具を選択しました」と鍾乳洞という特殊な環境ならではの苦労と配慮を語った。そのほか、全89台の照明器具のうち61台をLED照明器具を採用し、消費電力を約7KWに押さえることで省エネにも尽力したとしている。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
FC2ブログへようこそ!

Basic Calendar
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。