海外旅行・国内旅行の輪 スカイチーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デルタ航空(DL) 2010年夏季スケジュール

デルタ航空(NYSE:DAL)は、国際線を強化した2010年夏季スケジュールを発表しました。今回のスケジュールは、米国西海岸におけるアラスカ・エア・グループとの提携関係強化、大西洋路線におけるエールフランス-KLMとの共同事業、およびノースウエスト航空との合併による保有機材の多様化を活用し、17都市において運航便を拡大するものです。

 デルタ航空のネットワーク・レベニューマネジメント・アライアンス担当執行副社長、グレン・W・ホーエンスタインは次のように述べています。「デルタ航空には、他社にない強力な提携パートナー、多様な機材、広範なネットワークがあるため、世界規模での景気低迷により座席供給量を調整しつつ、着実に新規路線を提供することができます。世界にはばたく米国のフラッグキャリアとして、世界中の航空会社との提携の強みを活かし、2010年夏季に世界中の多くの都市に新たに直行便を就航します。」 2010年夏季スケジュールは、ノースウエスト航空の合併後、初めて完全に統合されたスケジュールです。合併によって多様化した保有機材の座席供給量を再配置することにより、新路線の運航が可能になりました。デルタ航空では世界的な需要の低迷により、今年6月に国際線の座席供給量削減を発表しましたが、その対象となった路線では引き続き同程度の供給量が維持されます。

 2010年夏季スケジュールでは、成田空港から米国本土に向けた便数を増やし、20以上の都市に向けて毎日25便以上の直行便を運航することになります。季節運航便の成田-ソルトレイクシティ便(週5便)を再開するほか、通年運航の成田-アトランタ便(毎日運航)に加えて、777-200LRの最新機材にて週3日の夏季運航便を追加します。また、成田-ニューヨークJFK便の使用機材をボーイング777-200ER型機から747-400型機に変更することにより、座席供給量を135席増やします。さらに、既存の成田-ロサンゼルス便(毎日運航)に加え、週4便をボーイング777-200LRにて追加運航します。

 2010年夏季スケジュールから、はじめて日本路線に導入される最新機材、ボーイング777-200LRでは、ビジネスクラス「ビジネスエリート」に180°までリクライニング調整が可能な、完全に水平なフルフラットベッドシートを採用しています。ゆったりした足元とプライバシーの確保、全席が通路側となる配置でのゆったりとした機内空間をお楽しみいただけます。

 また、大阪の関西国際空港と米国西海岸のシアトル間の直行便を2010年6月より運航します。シアトルでは、デルタ航空とアラスカ航空の提携拡大により、64都市に向けて、毎日267のフライトへの乗り継ぎが可能になります。シアトルへは、既存の成田-シアトル便(毎日運航)に加え、大阪からも毎日直行便を運航することになります。デルタ航空とアラスカ航空は、シアトルでの国際線・国内線の相互乗り継ぎを円滑化するため、共同運航、ラウンジの相互利用、マイレージ・プログラム特典の相互利用などを進めています。

 デルタ航空会社のネットワーク・レベニューマネジメント・アライアンス担当執行副社長、グレン・W・ホーエンスタイン(Glen W. Hauenstein)は次のように述べています。「デルタ航空は、ビジネスまたはレジャー目的のお客様からのニーズの高い米国とアジアの各都市をつなぐ利便性の高いフライトを提供することに力を入れています。デルタ航空は1987年の日本就航以来、着実に事業を拡大し、ノースウエスト航空との合併を経て、日本およびアジア地域における米国最大の航空会社となりました。現在、全米各地と日本、アジアを結ぶ週500便以上のフライトでは、日本食やアジアのお客様向けのお食事、日本語やアジア各国の言語サービスを担当する乗務員(インフライト・サービス・リプレゼンタテイブ、IFSR)の配置など、日本とアジア向けサービスをご提供しています。」

 2010年夏季スケジュールの変更は、太平洋路線、大西洋路線、アフリカ路線に焦点をあてて行います。


■その他の太平洋路線
 2010年6月までに、日本・アジア-米国間の主要ゲートウェイであるデトロイトおよびシアトルと、アジア間の直行便を増やします。また、アジアのハブである成田空港から米国本土に向けた便数を需要に応じて増加します。
 デトロイトからソウル(仁川)と香港に向けて直行便を就航させるほか、既存のデトロイト-上海の便数を増加します。2010年夏季において、デルタ航空はデトロイトからアジアのトップ10市場のうち4都市に直行便を運航することになります。
 デトロイト空港は、その地理的優位性から、引き続き日本・アジアから米国への主要ゲートウェイとして位置付けられます。デトロイト空港ではピーク日には477便のフライトを130都市に向けて運航しています。


■大西洋路線
 大西洋路線では、エールフランス-KLMとの共同事業を通して、夏季スケジュールを強化します。米国と欧州を結ぶ夏季運航便を増便するほか、ニューヨークJFK空港とデンマークのコペンハーゲン、スウェーデンのストックホルムを結ぶ直行便を新たに就航します。 デルタ航空とエールフランス-KLMとの共同事業は、夏季スケジュールにおいて、全大西洋路線市場の25%を占める見込みです。
 エール フランス-KLM グループの、レベニューマネジメントおよびネットワーク担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、Bruno Matheu氏は次のように述べています。「エールフランス-KLMとデルタ航空の間で、大西洋路線の運航を統合することにより、お客様が求めているより多くの選択肢、フライトの頻度、利便性の高い運航スケジュール、質の高いサービスを提供することができます。この共同事業により、既存の資源を最大限に活用することができ、現在の経済環境の中でもサービスレベルを維持することができます。」
デルタ航空では2005年より国際線の再編成を進めており、2005年時点で一日45便程度だった米国-欧州間の運航便を、共同事業の拡大により、2010年には毎日100便程度に増便します。共同事業に参加する3つの航空会社でコストと利益を同等に分配することにより、より幅広い顧客層に向けたサービス提供が可能になります。


■アフリカ路線
 米国からアフリカに向けて唯一、定期便を運航する米国の航空会社として、デルタ航空は成長を続けるアフリカ市場での事業を拡大します。デルタ航空のアフリカ路線拡大により、米国からアフリカへの旅行の際に平均数時間の旅行時間短縮が可能となり、お客様に向けて利便性の高いサービスの提供が可能になります。
 また、今回の世界規模での路線拡大により、デルタ航空の貨物部門、デルタ・カーゴのお客様にもより広範な地域への貨物サービスを提供することが可能になります。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
スポンサーサイト

テーマ : 飛行機(航空機)
ジャンル : 旅行

デルタ航空(DL) 成田-サイパン線増便

 デルタ航空(DL)は2010年1月1日から3月27日まで、成田/サイパン線を増便する。冬期は他のシーズンに比べてリゾートへのニーズが高まることなどから需要を見込む。週7便の増便となり週21便体制での運航となる。これにより、同路線はトリプルデイリーとなり、座席供給量が1ヶ月あたり約4800席増える。成田/サイパン線はDLと統合前のノースウエスト航空(NW)が2008年7月に週7便からダブルデイリーに増便しており、1年強でさらなる増便となった。今後の告知やキャンペーンの展開も計画中だ。使用機材は現行と同様のボーイングB757型機で、ビジネスクラス16席、エコノミークラス144席の総座席数160席。新たなスケジュールは下記の通り。


▽DL 成田/サイパン線増便スケジュール(2010年1月1日~3月27日)
NW290便 NRT 10時00分発/SPN 14時35分着
NW289便 SPN 17時00分発/NRT 19時45分着

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 飛行機(航空機)
ジャンル : 旅行

エールフランス航空(AF) プレミアムエコノミークラス「PREMIUM VOYAGEUR」

2009年秋からいよいよ、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間となる、プレミアムエコノミークラス「PREMIUM VOYAGEUR」(プレミアム・ボヤジャー)が順次導入されます。
【東京発】
2009年11月17日(AF277便 21:55発)、パリ発11月16日(AF278便 23:25発)
2009年12月 8日(AF275便 12:45発)、パリ発12月 7日(AF276便 13:30発)
【大阪発】
2010年 2月 9日(AF291便 12:20発)、パリ発 2月 8日(AF292便 13:40発)(予定)

この新クラスのスペースは、従来のエコノミークラスより約40%もアップ。シートはヨーロッパのエアラインの中で唯一、このタイプのクラスでシェル型シートを使用し、前の座席に影響を受けないプライベートな空間を確保いたしました。

★シート幅48cm、シートピッチは97cm、リクライニングは123度に設定
★革張りの肘掛の幅は10cmと、隣の乗客を気にせず、ゆったり肘を置ける広さを確保
★フットレストにより、足元には快適かつ十分なスペースを確保
★個人用ビデオはビジネスクラス同様10.4インチのワイドスクリーンにオンデマンドエンターテイメントシステム
★パーソナルライト、パーソナル電話、専用ヘッドフォン、PCプラグを完備
★アメニティキット、毛布、枕、ミネラルウォーターはビジネスクラスと同等のものをご用意
ミールサービスはシャンパンを含む食前酒、食事共にエコノミークラスと同じサービスをご提供いたします。

また、空港でもストレスのない、優先的なサービスをご提供いたします。
★優先チェックインデスクの設置
★無料受託手荷物はビジネスクラス同様30kg
★機内にも優先搭乗にてご案内
★到着空港での受託手荷物の優先お引渡し

日本~パリ往復で18万円からと、お客様にとってさらにお求めやすい価格を設定し、レジャーおよびビジネス渡航の需要にきめ細かく対応いたします。ご予約は旅行代理店またはコールセンターへ。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 飛行機(航空機)
ジャンル : 旅行

デルタ航空 2010年度マイレージプログラムについて

デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、日本およびアジア在住エリート会員に向けて、2010年度に導入されるマイレージ・プログラムのエリート会員特典を発表しました。デルタ航空のマイレージ・プログラム「スカイマイル(R)」のエリート会員プログラムは、「スカイマイルメダリオン(R)プログラム」という名称で、世界最大規模のネットワークを活用した業界最高水準の特典を提供します。

2010年には既存のシルバー、ゴールド、プラチナの3種類のメダリオン会員資格に加えて、最上級会員資格の「ダイヤモンドメダリオン」を新設するほか、航空業界で初めて、エリート会員資格獲得に必要なマイル(メダリオン資格獲得必要マイル=MQM)の次年度繰り越し制度を導入します。この繰り越し制度導入により、その年にご獲得いただいたMQMが各メダリオン資格必要マイル数を越えていた場合、超えた分のMQMを次年度に繰り越しできるようになります。
デルタ航空ロイヤリティープログラム担当副社長、ジェフリー・ロバートソン(JeffRobertson)は次のように述べています。「デルタ航空では頻繁に当社のフライトをご利用いただくメダリオン会員の皆様に最高水準のサービスをお届けすることを目指しています。2010年度は、既存の特典を維持した上で、他の航空会社にはない特典を新たに追加します。デルタ航空の広範なネットワークを生かして、会員の皆様に喜んでいただける特典を提供していきます。」

デルタ航空では、スカイマイルとノースウエスト航空のワールドパークスの両マイレージ・プログラムの統合を進めており、既に、メダリオン/エリート会員を対象としたアップグレード特典の相互利用や、両会員口座のリンク、マイルの相互移行などのサービスを実施しています。2009年末までに、両プログラムを一つにして、業界最高水準のロイヤリティープログラムとしてご提供する予定です。なお、ワールドパークス会員の皆様には、スカイマイルと完全統合される際にスカイマイルの会員番号が案内されます。新たなスカイマイルメダリオンプログラムは、本格的な展開まで今後9ヶ月ほどかけて準備を整えていきます。また、スカイマイルおよび現ワールドパークス会員の皆様にとって重要な既存サービスは引き続きご利用いただけます。その中には、ゴールド会員資格以上をお持ちの日本/アジア在住のお客様の空港ラウンジ「デルタスカイクラブ」ご利用特典や、米国の国内線および米国からカリブ海方面などの一部の国際線での無制限無償アップグレードなどの人気特典が含まれます。
2010年度から新たに加わる特典は、以下のとおりです。

-ダイヤモンドメダリオン会員資格の新設既存のシルバー、ゴールド、プラチナの3種類のメダリオン会員資格に加えて、最上級会員資格のダイヤモンドメダリオンを新設します。年間で125,000メダリオン資格獲得必要マイル(MQM)もしくは140フライト区間のご獲得で、業界最高水準の特典をご利用いただけるダイヤモンドメダリオン会員資格をご取得いただけます。ダイヤモンドメダリオン会員の皆様には、デルタスカイクラブメンバーシップが無料、業界最高レベルである125%のメダリオンボーナスマイルのご獲得、特典旅行に関する手数料や受託手荷物料金など各種手数料の免除など、最上級の特典をお楽しみいただけます。

-メダリオン資格獲得必要マイル(MQM)の次年度への繰り越し航空業界で初めて、その年にご獲得いただいたMQMが各メダリオン会員資格対象マイル数を越えていた場合、超えた分のMQMを次年度に繰り越しできるようになります。繰り越されたマイルは、その翌年のメダリオン資格取得のためのMQMの一部としてお使いいただけます。たとえば、今年度末までに40,000MQMをご獲得された場合、そのうちの15,000MQM(シルバーメダリオン資格獲得必要マイル数の25,000MQMを超えてご獲得された15,000MQM)が2010年度のMQMとして自動的に繰り越しされます。次年度に繰り越しできるマイル数に制限はありません。また、このMQM繰り越し制度はこの発表直後から適用されます。

-発券手数料の免除
ダイヤモンド、プラチナ、ゴールドメダリオンの各会員の皆様は、予約センターにてご予約いただく際に必要な発券手数料が無料になります。

-ご希望の特典をご自身でご選択
ダイヤモンド、およびプラチナメダリオン会員の皆様は、さまざまな特典の中からお好きな特典をお選びいただけるようになります。お選びいただける特典の一例として、「出発日でもご利用可能な国内線、国際線全路線対象のアップグレード特典」、「ボーナスマイル」、「お知り合いの方にメダリオン会員資格を進呈」、「お知り合いの方にデルタスカイクラブ1日ご利用券を進呈」など、多彩なサービスをご用意しております。2010年度のメダリオン会員プログラムでは、引き続き業界最高水準の既存の人気特典をご利用いただけます。
既存特典:メダリオン会員として引き続き以下の特典もお楽しみいただけます。

-米国本土の国内線、または米国とカナダ、メキシコ、カリブ海、中米および南米北部地域間のほとんどの路線における無制限無償アップグレード
-航空券のご予約先にかかわらず、飛行マイルごとに1メダリオン/エリート会員資格取得必要マイルをご獲得

-同じご予約番号のご同伴者様も含め、優先的にセキュリティーチェック、お座席指定、ご搭乗、また、受託手荷物料金の免除

-すべてのフライト、すべてのお客様に、1フライトにつき最少でも500マイルをご獲得

-アップグレード特典に、一部負担金などは不要

-エコノミークラスの上位予約クラス(ブッキングクラスY、B、M)でのご購入の際に50%のボーナスマイルおよびMQMボーナスマイルをご獲得
2010年度スカイマイルメダリオンプログラムでは4種類の会員資格を設けます。各会員資格は、2009年度中のメダリオン資格獲得必要マイル(MQM)のご獲得またはメダリオン会員資格取得必要フライト利用区間数のご利用によりご取得いただけます。シルバー、ゴールド、およびプラチナメダリオン資格の取得に必要なMQMおよび利用区間数に変更はありません。
メダリオン会員資格MQMフライト利用区間数
シルバー25,000マイル30
ゴールド50,000マイル60
プラチナ75,000マイル100
ダイヤモンド(2010年度新規追加)125,000マイル140
スカイマイルプログラムに関するさらに詳しい情報はdelta.com/newskymilesでご覧いただけます。また、ノースウエスト航空とデルタ航空のマイレージ・プログラムの統合情報はdelta.com/integrationtimelineでご確認ください。

デルタ航空スカイマイルプログラムでは、デルタ航空、デルタ・シャトル(R)、デルタ・コネクション(R)の運航便、デルタ・エアー・エリート(R)、またその他のスカイチーム(R)航空会社をご利用いただいた会員の皆様に、数多くのマイル獲得機会をご提供しています。今年で28周年を迎えるスカイマイルプログラムは、旅行業界において最も長い歴史を持ち、また最も成功したロイヤリティープログラムの一つです。2007年および2008年には、『エグゼクティブトラベラー』誌の読者投票により「米国内ベストフリークエント・フライヤー・プログラム」に選出され、また2006年および2007年には、『ビジネストラベラー』誌により、「ベストフリークエント・フライヤー・プログラム」に選ばれました。

デルタ航空は世界最大の航空会社です。アトランタ、シンシナティ、デトロイト、メンフィス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(JFK)、ソルトレイクシティ、東京(成田)をハブ空港として、デルタ航空およびその傘下となったノースウエスト航空は、世界67カ国376都市へ運航し、搭乗者数は年間1億7,000万人以上にのぼります。デルタ航空のお客様は、スカイチームやそのほかの提携航空会社が運航する毎日1万6,000便以上のフライトについて、スカイマイルまたはワールドパークスのいずれかでマイルを獲得し、特典旅行に交換することができます。デルタ航空および世界7万人以上の従業員は、完全なグロバールネットワークを提供する米国唯一の航空会社として、航空業界の活性化を目指します。

ご利用規約:
無償アップグレードは空席状況によります。また、フライトまたは路線によってはご利用いただけない場合があります。特典旅行にかかる諸税(および、必要な場合は手数料)はお客様のご負担になり、航空券のご予約時にお支払いいただく必要がございます。特典旅行のお座席には限りがあり、一部路線および地域ではご利用いただけない場合がございます。エコノミークラスご利用の特典航空券におけるファーストクラスへのアップグレードは、ご出発24時間前より開始されます。メダリオン資格獲得必要マイル(MQM)の次年度繰り越しとは、2009年中にメダリオン会員がメダリオン資格必要マイル数を超えてご獲得いただいたMQMを2010年度に繰り越し、2011年度のメダリオン資格獲得必要マイルとして加算されることを意味します。「希望の特典をご自身で選択」でお選びいただいた特典の到着またはご利用開始までには約6週間から8週間かかります。スカイマイル会員資格、ワールドパークス会員資格、マイル、特典、マイルのご獲得、マイルのご利用、特典旅行には、それぞれスカイマイルプログラムとワールドパークスのdelta.com/memberguideもしくはnwa.com/asiaにてご確認いただけます。デルタスカイクラブメンバーシップには、デルタスカイクラブのすべてのご利用規約および規定が適用されます。デルタスカイクラブのご利用規約および規定の全文は、delta.com/skyclub でご覧いただけます。

デルタ航空 ホームページ
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 飛行機(航空機)
ジャンル : 旅行

デルタ航空(DL)とノースウエスト航空(NW)  受託手荷物にも重量制限

デルタ航空(DL)とノースウエスト航空(NW)は、国際線でも2個目の受託手荷物から50米ドルの手数料を徴収する計画だ。DL/NW太平洋地区広報部によると、日本路線も対象で、現在国土交通省に認可を申請中。国土交通省航空局では、重量制限を超えた荷物での手数料徴収と同様に対処する考えといい、申請項目などに問題がなければ認可する方針。

対象となるのは、認可がおりて導入を発表した日以降の予約で、7月1日以降の旅行分から。DLでは、国際線の受託手荷物での手数料徴収により、年間で1億米ドル以上の増収を見込んでいる。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 飛行機(航空機)
ジャンル : 旅行

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
FC2ブログへようこそ!

Basic Calendar
<09 | 2017/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。