海外旅行・国内旅行の輪 南米

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年FIFAワールドカップブラジル大会の開催都市決定

2010年「FIFAワールドカップ」南アフリカ大会の開催前ではありますが、その後の2014年 ブラジル大会の開催都市が下記の通り決定いたしましたので、どこよりも早くご紹介いたします。

■ 2014年「FIFAワールドカップ」ブラジル大会、開催都市
1) ベロ・オリゾンテ (BELO HORIZONTE)
2) ブラジリア (BRASILIA)
3) クアイバ (CUIABA)
4) クリチーバ (CURITIBA)
5) フォルタレーザ (FORTALEZA)
6) マナウス (MANAUS)
7) ナタル (NATAL)
8) ポルト・アレグレ (PORTO ALEGRE)
9) レシーフェ (RECIFE)
10) リオ・デ・ジャネイロ (RIO DE JANEIRO)
11) サンパウロ (SAO PAULO)
12) サルバドール (SALVADOR)

会場として使用されるスタジアムですが、有名なところではリオデジャネイロの「マラカナンスタジアム」(現在 87,000名収容可)やサンパウロの「モルンビースタジアム」(現在 73,000名収容可)を始め、各都市の既存スタジアムをリフォームして本番に望みます。
一方、ナタルとサルバドールでは、新スタジアムが建造される予定です。
(ナタルは 65,000名、サルバドールは 44,000名収容可能なスタジアムを予定)

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
スポンサーサイト

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

マチュピチュ遺跡/ペットボトル持込禁止

南米ペルーのインカ帝国時代(15~16世紀)の代表的な都市遺跡マチュピチュがあるマチュピチュ村は環境保全のため、13日から村内でペットボトル入り飲料の販売や持ち込みを条例で禁止する。同国の旅行業界関係者によると、ペルーの自治体で初の取り組み。遺跡保護のため自治体全域からペットボトルを追放するのも珍しいという。ペルー政府によると、マチュピチュ遺跡を訪れる観光客は2002~08年でほぼ倍増し、08年は約86万人。定住人口推定150人の村で毎月1トン以上の投棄ペットボトルが回収される。ペットボトルが川にたまったり、害虫の繁殖場所になるなどして「遺跡の自然環境にダメージを与えている」(村幹部)という。観光客は、水筒などの持参が必要となる。販売に加え、ペットボトル使用を促した場合も1775ソル(約5万8千円)の罰金。村は周辺の自治体にも連携を呼び掛けている。マチュピチュ遺跡は標高2350メートルの山岳地帯に位置し、1911年に米学者が発見。世界遺産に指定されている。
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

2010年ダカールラリー開催決定

「世界一過酷なモータースポーツ」と呼ばれるダカールラリーは、それまではその名の通り「パリ~ダカール(モーリタニア)」間を走破するレースでしたが、アフリカ モーリタニアの治安悪化のため、2009年より南米で行われる様になりました。

2009年の南米最初の大会には、参加国 49ヵ国から計500台ものマシンが出場しています。又、同レースをアルゼンチンで300万人、チリで60万人もの観客が観戦、そしてそのレースの模様は180ヵ国、計78チャンネルで放映されるほど、人気絶大なレースなのです!
ラリーファンの皆様、是非、南米にお越しください。

〔ダカールラリー事務局のオススメポイント〕
目玉となるのは、スタート地点とゴール地点です。 
スタートとなるブエノスアイレスでは、各ブースでイベント等が行われ、ゴールでは表彰式が行われます。
ダカールファンには、レースに参加する車が大集合するスタート地点がオススメです。

■ ダカールラリー概要
* 日程: 2010年1月01日 --- ブエノスアイレス、スタート
    チリを周遊しながら、1月17日に再びブエノスアイレスへと戻ります。

ダカールラリー 日本事務局ホームページ
http://www.paridaka-info.com/index_DAKus.html
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

ペルー/カラル遺跡が世界遺産に認定

2009年6月下旬、スペインのセビリヤにて開催されました「第33回 世界遺産大会」にて、ペルーの「カラル遺跡」新たにユネスコ世界遺産に登録されました。
この「カラル遺跡」ですが、場所は?、見所は? と余り知られていない様なので、今回この「カラル遺跡」(CARAL)について、簡単にご説明いたします。

■カラル遺跡
俗に「ラテンアメリカ最古の町」とも呼ばれており、626ヘクタールの広さの土地に円形ピラミッドや住宅跡などがあります。
これらの遺跡は約4,600年前のものと推定されていることから、南北アメリカ大陸最古の遺跡群といわれています。
4,600年前と言えば、エジプトに統一国家が誕生した頃と時を同じくし、世界文明で知られるメソポタミア、エジプトと同時期の貴重な文明跡になります。

全部で32ある城壁と階段状のピラミット群は必見で、大きいものは約20mもの高さを誇ります。

ユネスコは「カラル遺跡」の保存状況と当時の宗教文化を高く評価し、今回、世界遺産に登録しました。
尚、この遺跡の発見は1905年ですが、概要が明らかになったのはここ15年ほどの間です。謎をまだ多く残すこの遺跡は、現在大変注目を浴びている遺跡の一つです。
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

新型インフルエンザ 続報13(メキシコの状況)

〔観光地の状況〕
* 新型インフルエンザ対策で、一時的に閉鎖となっておりましたINAH(メキシコ国立歴史考古学研究所)管轄の博物館・遺跡は、2009年5月16日より全面解禁となり、再オープンいたしました。
通常は多くの観光客でにぎわう遺跡ですが、現在は訪れる観光客も少ない状況です。

* その他、メキシコシティ市内主要観光地のソカロ広場、国立宮殿、メトロポリタン・カテドラル、グアダルーペ寺院等は、新型インフルエンザ発生後も特に閉鎖される事はなく、現在も通常通り観光する事が出来ます。

〔ホテル、レストラン等の状況〕
* レストランやスーパーマーケット等、観光客のみならず一般市民も利用する様なところも、既に営業を再開し、現在は通常通りオープンしております。
* 又、ホテルも通常通り営業しております。

〔交通機関の状況〕
* バス、メトロ(地下鉄)、メトロバス、タクシー等は、通常通り運行しております。
* 航空便に関しても、運行停止措置が取られていたメキシコ~ペルー線、メキシコ~アルゼンチン線は再開されたものの、国内線の一部路線では未だ減便(フライトキャンセル)が続いております。
 しかしながら、こちらも徐々に通常通りの運航に戻りつつあります。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

テーマ : 旅の情報・準備
ジャンル : 旅行

プロフィール

どんちゃん

Author:どんちゃん
FC2ブログへようこそ!

Basic Calendar
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
GoogleMaps(グーグルマップ)衛星写真表示
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。